どちらかと言えば、つぶあん派です。

はじめまして、よっさんと申します。「あひるの空」とゆずの夏色とチキン南蛮が好きな80代には見えない30代です。

匂いの話

紅白歌合戦と掛けまして、虫歯と解きます。
その心は、『どちらも司会(歯科医)の働きが必要です。』
こんばんは。

 

ありがたいことに今日も仕事を休ませてもらったので、引き続いて正月休みです。

今日で7日目の休み、社会人になってからこれだけ連続して休みをとったことも記憶に無いけぇ、たぶん最長じゃろうな。

ここまで長いと「いやー休んだわー!」という気になるけぇ、残りの2日間有意義に使わんといけんですな。まぁ、欧米じゃったらもっと長い期間、たぶん最低2週間は休みをとるじゃろうけぇ、「Hey! YOU日本人Dane!」と言われそうな気がせんでもないけど(苦笑)

 

さて昨日は少年と外国人の旅行者が多いであろう原爆ドームに行って、その後広島駅に新幹線を見に行きました。

 

本通り商店街散策→原爆ドーム→おりづるタワー→路面電車→新幹線見学

 

おりづるタワーは展望階まで登らずに一階のお土産物フロアだけ見て回ったけど、思ったよりいろいろなお土産が置いてあって、これはこれで面白かった。

しかし、通勤定期の関係もあるんじゃけど、 かかった費用が交通費(バス代往復200円)と駅の入場料(140円)の計340円!

 

安い! 最初は少年もおるし駅まで車で行こうかなと思ったけど、それじゃと駐車場代だけで1,600円。

しかもお金が安いだけじゃなくて、少年はバスと路面電車も乗ることができたし、いろいろ工夫って大事じゃなぁと思いますわ。

メリハリが大事なのはお金も一緒で、使う時は使い、締める時は締めるような生活を2019年は目指したいなと思いますね。

 

さて、駅では1/3ということもあって帰省ラッシュで混雑しとるかなと思うとったけど、案外混んでなかったな。最近はラッシュを避けて1/2に帰る人も多いじゃろうし、わしみたいに休みにして、初出勤が1/7の人もおるじゃろうし、まぁその方がいいじゃろうね。

それこそいろいろなライフスタイルがあるのが働き方改革じゃと思いますわ。

 

ほんで久しぶりに新幹線のホームに行って思ったことがあります。

わしの気のせいかもしれんけど、ソースの匂いがしたんよね。

今までそんなこと感じたことが無かったけぇ、「あれ?」と思いました。

 

でも、この「匂い」って大事なことで、その土地土地の特色を表すいい資産じゃと思います。

分かりやすいのが海辺に共通する潮の匂い。これは結構好きで、島とかでこの匂いがすると心が安らぎますわ。あとは、名産品の匂い。以前に淡路島に行った時にお線香の匂いがしたんじゃけど、地域特有の匂いで好きですね。あと行ったことないけど愛知県半田市も酢の匂いがするらしいし、果物やしょうゆ、みその匂いがする地域もどこか懐かしい感じがして好きですね。

 

さて、広島は言わずもがなでお好み焼きが文化として根付いています。

 

f:id:yossan-tsubuan:20190104230738j:image

 

なので駅のホームでソースの匂いがした時には「おっ!」と思いました。帰省客が駅のホームに降り立った時にソースの匂いがしたら嬉しいんじゃなかろうか。少なくてもわしじゃったら「帰ってきたなぁ。」という気持ちになるじゃろうな。

 

さすがに駅のホームでお好み焼きを焼けとは言わんけど、そんな匂いがあってもいいんじゃないかと思います。

 

そういや、画面から匂いが出るテレビがあれば凄い売れると思うのはわしだけじゃろうか。

もちろん、ドッキリのくさや防止で匂いカット機能も必要じゃけど(笑)

 

 

わっしょい(・∀・)ノ

 


そんなこんなで今日は
パプリカ/Foorin

 

紅白で知った米津さんプロデュースの楽曲。

『見つけたのはいちばん星 明日も晴れるかな』
lemonに負けず、かなりの名曲じゃと思う。