どちらかと言えば、つぶあん派です。

はじめまして、よっさんと申します。「あひるの空」とゆずの夏色とチキン南蛮が好きな80代には見えない30代です。

ちびまる子ちゃんの話

ウリナリと掛けまして、トゥーッスと解きます。
その心は、『どちらも踊り(オードリー)が欠かせません。』
こんばんは。

 

さくらももこさんが亡くなりなました。今も結構な頻度でちびまる子ちゃんを見とる自分にとっては、やはり突然の出来事ですね。聞くと52歳。まだまだ若い。
サザエさんドラえもんのように作風が少し変わるんかな。それも少し寂しくはあるけど、時代の流れなのかなとも思います。

 

さて、せっかくなので自分の好きなちびまる子ちゃんの作品を書こうかとも思ったのですが、以前も似たような日記を書いたような気がする。
たぶん、まるちゃんと前田さんが給食袋のことで喧嘩をした時の回じゃないかな。その時にローラースルーゴーゴーの回の話も少し書いたような気がします。
ほいじゃけぇ、今日は別のテーマにします。

 

ちなみに映画化もされた大野君と杉山君の話やわたしの好きな歌も好きですね。わたしの好きな歌、調べると26年も前の映画らしい。凄いな!

 

さて、という訳で今回はちびまる子ちゃんの主題歌で好きな歌を並べてみようと思います。

 

まずは「ゆめいっぱい」
初代のOPテーマで名曲中の名曲ですね。映像に出てくるかき氷がとても美味しそうです。

 

続いて「走れ正直者」
先日亡くなられた西城秀樹さんが歌うEDテーマ。西城さんがアニメのテーマ曲を歌うのは何か斬新じゃなぁ。大人になってから「リンリンランラン ソーセージ(双生児)」の意味が分かった時の感動が凄いです(苦笑)

 

次は「kinkiのやる気まんまんソング
ちびまる子ちゃんは、こういうご機嫌な唄がよく似合う。kinki kidsカップリングの唄じゃけぇ、あまり知られとらんけどいい唄じゃと思います。

 

あと「あっけにとられた時のうた」
「さよなら人類」でおなじみのたまが歌っとるんよね。これもなかなか斬新なチョイスじゃわな。


ここまで書いてきたけど、ちびまる子ちゃんのOP・EDって1曲を除いてすべてさくらももこさんが作詞をしとるじゃなぁ。
その1曲というのが初代OPの「ゆめいっぱい」っちゅうのも意外じゃな。でも確かに言われてみれば、少しテイストが違うかも。


ほんで最後にちびまる子ちゃんと言えば、この唄ですね。

 

「おどるポンポコリン」

 

パソコンでも「おど」と打っただけで予測変換が出てくるくらいの名曲。ここまでご機嫌な唄はそうそう無いんじゃなかろうか。
サザエさんもそうじゃけど、激動の世の中の中で、理想の家庭というか、平穏な日常をどこかで求めとるからこそ、支持があるんじゃろうなぁ。

 

さくらももこさんも天国で無邪気にピーヒャラヒャラしているでしょうね。


もものかんづめを買って読んでみるかな。

 

わっしょい(・∀・)ノ

 


そんなこんなで今日は
すすめナンセンス/PUFFY

 

あまり気にしてなかったけどアジアの純真を唄っとったPUFFYならちびまる子ちゃんのテーマ曲はピッタリじゃな。
『インコがお喋りアラ不思議 サンタのおじさん夏は暇』
いつだって忘れないエジソンは偉い人に匹敵する歌詞じゃな。